I want to love rather than be loved

手が届くわけ無いから一方的に愛してます

PとJKが思ったほどで…

 

 

ネタバレありです!

苦手な方、これから見る方は

ご遠慮くださいませ。

 

 

 

 

 

アタシが原作を読んでいるから

ってのもあるかもですが

 

 

 

 

 

 

 

 

 

とにかく始まりからプロポーズまでが

早すぎる!!!!!!

 

 

ここでのプロポーズとは

コウタくんがカコちゃんに

 

カコちゃん結婚しよっか。ってとこです。

 

 

 

 

こちらとしては

 

 

え?もう?早くね?

って状況でしたよ……

 

 

 

だって原作だったら

4対4の合コン行って

その帰りにカコちゃんが気になって

でも未成年って知って

それからカコちゃんの並々ならぬ

アプローチがあって

コウタくんも悩んで

そっからの結婚しよっかなのに!

 

 

 

やすやすと言い過ぎなのよ!

 

 

 

後からのわちゃわちゃを入れる為とはいえ

そこを短時間はダメだよー…

と思いました。

 

 

 

後、何かと説明がなさすぎて

なぜコウタくんは大きな一軒家なのかとか

原作読んでない人は

ポカーンなことが多かったのでは?

 

 

 

唯一の救いは

亀ちゃんがかっこいいし

太鳳ちゃんは可愛いし

大神さん役の子は顔が綺麗だし

 

それで画角が持ってた気がする…

 

 

 

あとねー

これは見る側の年齢の所為も

あるかと思いますが…

 

 

カコちゃんの考えに

えぇ?!ってなることがしばしば

 

 

まぁそれって

16歳と20代の違いだよな…と

そこは納得させていただきました。

 

 

 

一番残念だったのが

ラストシーン

 

 

 

アタシのダイッキライな

フラッシュモブwww

 

 

 

ここで心折れましたwww

 

せっかく最後らへんに

キューンってしてたのに

眉間にシワがピキッと……

 

 

 

なぜそうなった?ん?

 

 

 

制服に抱きついてるカコちゃん見て

中身ねぇのに意味ねぇだろ!とかは

ホントに、ホントに美味しくて

キューンってしたし

 

 

コスプレの時は

ごくせんの竜を想像させる髪型で

Good Jobって思ってたのに

 

 

どうしてこうなった……

 

 

 

久々にエンドロール途中で

席を立ってしまいました。

 

 

 

イケメン亀ちゃんだし

太鳳ちゃんも超可愛いし

いろいろキューンってしたのに

 

好きになれなかった悲しみ…

 

 

カメラの角度も

そーじゃないでしょー!!!!

ってとこも何箇所かあって……

 

 

 

監督と脚本家とカメラマンと

趣味が合わなかったんだなー

って思いながら書いてます。

 

 

 

でも亀ちゃんが行ってた

観覧車が揺れて

俺が緊張してるみたいだった

ってやつはカナリ笑いました。

 

 

ホントにガタガタ震えてるみたいだったwww

 

 

あー、PとJK

うーん、残念。

ホントに残念。

 

 

 

こんなアタシの愚痴をお読みいただき

ありがとうございました。